「のぞみブライトン」由来のホントの話

ロゴの話とかロードショーの話はしましたが、ブログでは社名の由来について説明してませんでした。

一応、対外的な由来の話はあるのですが、今回は本当の理由についても説明したいと思います。なのでちょっと長めな話です。ロードショーの特別編ではこの話をするかもしれません。原稿はすでに書いてます。取引先さま向け用には出てませんが….

なぜ、おしどりをやめようと思ったか

元々の社名は「おしどりビジネスサポート&コンサルティング株式会社」といいます。
今もまだ登記上は存在してます。金融庁への届出などが必要でこちらはそのままにしているのですが、近い未来こちらも改称するかもしれません。
「おしどり」については、夫婦でやっていると勘違いされるのですが、当社とパートナーさんが鴛鴦夫婦の様にという想いでつけたのですが、ご存知でしょうか?豆しばも言ってますが、「おしどり」はずっと仲良しではないのです。巣を作るまでなんです!
登記してから知りました….

あと、業務でやることを全て社名に盛り込んだら、こんなに長い社名になりまして、領収書の発行の際などいろんなところでご迷惑をお掛けしております。ずっと社名を変えたいと思っていたのですが、良い名前が思いつかなくて、数年放置することとなります。だが、仕事のスタイルを変えようと思ってたここ半年で色々なことが動き出すわけです

そうだ!「おしどり」を捨てようと

「のぞみブライトン」とは??

私の提供するサービスは、主にコンサルティングや研修実施などなのですが、極力コンサルティングという名前は使いたくありませんでした。何か上から目線な印象がありまして….

そこで、自社が提供するサービスで個人・法人含めたお客さまの望ましい方向性を社名に込めようと思いました。「夢や希望を輝かせるお手伝いをしたい」希望や夢というのを大和言葉で表すと「のぞみ」となります。のぞみを輝かせる(bright + en)こうして「のぞみブライトン」というキーワードが産まれた訳です。

というのが、表向きなネーミングの由来です。

ホントはね…

上記の由来も嘘ではないのですが、本当の大事な意味があります。

お付き合いしていた人の名前です。
察しの付く人は分かると思いますが、のぞみと言います。

FBのページの二本の虹ですが、彼女と出会ったところの近くで偶然撮影したものです。

生まれてからのプロセスの中でちょっと色々あって、10年くらいある病気に苦しんでます。
ネーミングを考えていた時に、一緒にその病気に向かおうと思ってて、「のぞみ、輝け!」というダブルミーニングもこもってます。
一生を賭しても…とか思ってました。一緒にカウンセリングも受けたりしてました。結局一緒に闘うことは出来なかったのですが、時間がかかるかもしれませんが、誰かと一緒に寄り添い合い、いずれ良い方向になればと祈ってます。

最後の社名変更の背中を押してくれたのは、間違いなく彼女です。福井で新しい事業をしようと思うヒントを与えてくれたのも彼女です。

彼女が病気に立ち向かって、いつかは輝いて欲しい。そう思ってます。

その気持に嘘をつきたくないので、社名もこのまま、ロゴもそのまま、これから出てくるとあるSPツールがありますが、それもそのままです。ロゴは彼女と一緒に選びました。その時の想いを胸に抱きつつ、日々の新しい仕事に向かう日々です。

 

日本の会社だとこういうネーミングはあまりないと思いますが、まあ、いいじゃないですか?
そんなネーミングしたい創業者の方!ロゴ作成やブランディングもパートナー企業と共にお引き受けさせていただきますよ!

僕が、一番の体現者ですから 笑

 

 

後ですね。脈絡もなく書きますが、お子さんをお持ちのお父さんお母さん。子どもをしっかり愛してください。ハグしてください。子供には愛情が必要なんです。